トップ > ARS工法
SE構法(工法),ARS工法のムラセ murase,ムラセ,野田市,SE構法,SE工法,ARS工法,耐震,リフォームぷらざ,工務店,2×4工法,ツーバイフォー,在来軸組工法,木造3階建て,ホルムアルデヒド,シックハウス

ARS工法

耐震補強リフォームARS工法
地震の縦揺れ・横揺れにより、構造材の要である柱の端部が抜けてしまうこと(ほぞ抜け)が、木造住宅倒壊の決定的な原因となります。
ARS工法は、簡便な後付け施工でほぞ抜けを防止し、耐力壁の潜在能力を最大限に引き出します。しかも、工期が短くローコストという画期的な新工法です。
ARS工法の特徴

大地震が発生したら・・・

ARS工法は既存の木造軸組住宅の耐震補強に最適な新工法
地震の典型的な被害パターン
1995年に発生した「兵庫県南部地震」では、壁量充足率の高い住宅においても倒壊・大破の被害が見られました。
その原因として、「基礎仕様」「偏心率の大きさ」「接合部の耐力不足」という3つの問題が指摘されました。
これを受けて「建築基準法」が改正され(2000年)、4号建築物(木造2階建500m2以下)について、上記3つの問題に対する仕様規定が明示されたのです。
2004年の「新潟県中越地震」において、倒壊を免れた住宅の特徴のひとつに「2000年以降(≒建築基準法改正後)に建築」というものがあります。
反対に、全半壊した住宅の特徴として、「1980年以前に建築」「柱のほぞが折れた・抜けた」といった点が挙げられています。
柱頭柱脚接合部の耐力不足を補うARS工法は、既存の木造軸組住宅の耐震補強に最適な新工法です。
N値計算法
ARS工法では、建築基準法告示1460号ただし書きの「N値計算法」により、既存木造住宅について補強・改修すべき箇所を決定します。それぞれの柱頭柱脚接合部に、ARSロープを施工することで耐力不足を補い、耐震性能を向上させます。
ARSロープ
●地震の際の典型的な被害パターン
地震の際の典型的な被害パターン

ARSロープ

ARSロープの施工は、簡単スピーディー
ARSロープ施工手順

ARS工法の信頼性

確かな信頼性 「建築技術審査証明」・「告知1460号同等認定」
「ARS(アンカーロープ補強)工法」は、難波蓮太郎先生(工学院大学名誉教授・滋賀県立大学講師・難波建築研究室代表)の発明で、フクビ化学工業との共同開発により完成したものです。国土交通省技術政策総合研究所の研究員をはじめ、建築系の大学教授、特に木造住宅軸組工法の構造分野を専門に研究する権威者によって、「ARS工法」の厳格な審査が行われました。その結果、「建設技術審査証明(BCJ‐審査証明‐92)」を取得、さらにより権威のある「平成12年度建設省告示1460号同等認定(短期許容引張耐力15kN)」取得(業界初)で、「ARS工法」への信頼がより一層裏付けられました。

「ARS工法」は、既存住宅の耐震補強用としてだけではなく、確認申請が必要な新築住宅においても、建築主事の判断により採用許可が得られます。

ARSロープ施工手順
キメ細かいサービスが自慢です