トップ > SE構法(工法) > SE構法(工法)の間取り変更が簡単な住宅FLEXIBLE
SE構法(工法),ARS工法のムラセ murase,ムラセ,野田市,SE構法,SE工法,ARS工法,耐震,リフォームぷらざ,工務店,2×4工法,ツーバイフォー,在来軸組工法,木造3階建て,ホルムアルデヒド,シックハウス

SE構法(工法)の間取り変更が簡単な住宅FLEXIBLE

e-ZONE HOUSE 家族と共に成長できる家
家族は成長します。
子供たちには子供部屋が必要となり、その成長に応じて、部屋の広さも考慮する必要があるでしょう。しかも成人となって結婚することによって、家族の人数が変わることもあります。
また年齢によっては、親御さんとの同居による二世帯住宅も考えられるでしょう。
家族の成長ととに成長できる家、それがe-ZONE HOUSEです。
ビルトインガレージや斜線制限など限られた土地の都市型テーマに対応
都市環境に多く見られる、限られた土地という条件。
こういった条件でもe-ZONE HOUSEでは、もてる広さを最大限に楽しめるよう、圧倒的な強度で大空間や大開口部の設置を可能とし、ビルドインガレージの設置や斜線制限のクリア、簡単な間取り変更などさらに快適に過ごせるような様々な工夫を設けています。
Built-in Garage
住宅の1階部分を駐車スペースにしてしまうビルトインガレージは、都市型住宅として大きな注目をあびています。
今や車を保有することが当たり前となった時代、しかも限られた土地に建つ都市型住宅には、まさに新時代の住宅スタイルといえます。
Built-in Garage
Combined Office
自然光をふんだんに取り入れる大きな窓を設け、デザイン性にも優れ、さらに大空間を確保することができるe-ZONE HOUSEなら、商業店舗はもちろん、事務所としても好評を博すことをお約束します。 Combined Office
Sky Gardening
屋根部分を大胆に開放したスカイガーデンは、都市部であってもガーデニングを楽しんだり、ガーデンパーティーを楽しむなど、生活に遊び心を与えてくれます。 Sky Gardening
Balcony
空と部屋をつなぐバルコニー。
キャンティバルコニーから、雨でも安心なインナーバルコニーまで変化に富んだ、あなただけのアウトドア空間をご用意します。
Balcony
Porch&Hall
玄関まで奥行きを設けたポーチは格調を漂わせると共に、高さと開放感を感じさせる大空間もe-ZONE HOUSEならではの特徴です。 Porch&Hall
Stair Hall
2階からの階段を上がりきった階段ホール。
余裕の広さを設ければ、趣味のコーナーとして自由にお使いいただくことも可能です。
Stair Hall
Open Ceiling
耐力フレームだからできる大胆な吹き抜け。
ふんだんに太陽光を取り入れた、明るく開放的なデザイン空間も提案できます。
Open Ceiling
Japanese Room
家族で過ごす空間として、やはり日本間がひとつあると便利です。
床の間や柱のでない大壁作りで、現代風のモダンな日本間も提案いたします。
Japanese Room
Children's Room
梁を利用したデザインロフトで、安全性を第一に、ぬくもりにつつまれた子供部屋を提案。 Children's Room
Entrance Hall
ホールそばに大開口窓と吹き抜けを設けることで、自然光をふんだんに取り入れることで、明るく、そして開放感にあふれた玄関を演出します。 Entrance Hall
Living Dining
家族が集まるリビングは、なごめる大空間で、かつ化粧梁を大胆に活かし、質感あふれる空間へと提案。広さと安全を楽しむべく、床暖房やミニキッチンに対応することもできます。 Living Dining
耐力フレームが実現するビルトインガレージ
耐力フレームが実現するビルトインガレージ
SE構法(工法)で採用している耐力フレームは、耐力壁に負けない強度を誇っているため、木造3階建て住宅でありながら、1階にビルトインガレージの設置が可能になっています。土地が限られた都市部でも、自宅に駐車場を設けることができるのです。
敷地条件、法規定をクリア
都市部には、住宅建築において、様々な基準があります。家が密集している地域でも建築できるための高性能準耐火構造。北側斜線や道路斜線を登り梁システムやバックアップシステムでクリアしつつ、室内空間を最大限に利用するなど、フリープランで自在に対応しています。
間仕切り変更を簡単に実現
構造自体が強度を保っているので、間仕切りの変更に臨機応変に対応できます。そのため家族の成長や、家族構成の変更にも無理なく対応することができます。
キメ細かいサービスが自慢です