トップ > SE構法(工法) > MAX空間
SE構法(工法),ARS工法のムラセ murase,ムラセ,野田市,SE構法,SE工法,ARS工法,耐震,リフォームぷらざ,工務店,2×4工法,ツーバイフォー,在来軸組工法,木造3階建て,ホルムアルデヒド,シックハウス

SE構法(工法)のMAX空間

1FROOR=1ROOM 暮らし方の可能性を大きく広げる大空間設計の実現
壁や廊下で細かく仕切らず、ひとつの大きな場所に様々な機能をもたせるワンルーム発想は、室内の広さをより有効に使うことを可能とします。広さというゆとりと安らぎを生み、家族の成長や変化に応じた新しい暮らし方も自由にクリエイト。
従来では考えられなかったワンフロアをワンルームとし、暮らし方の可能性を大きく広げる大空間設計をe-ZONE HOUSEが実現しました。
1FROOR=1ROOM1 1FROOR=1ROOM2
最上階リビングスペースにゆとりの天井高と大型窓を設け、やわらかな陽射しと共に、ゆったりと流れる時間をシンプルなシーリングファンで演出します。 大胆な吹き抜けを設け、さらに大開口窓を設置することで、室内であることを忘れるような開放感を実現。
集成材をデザインとして活かし、室内空間のアクセントとして用いています。
1FROOR=1ROOM3 1FROOR=1ROOM4
シンプルな白壁とウッディーな雰囲気でコーディネイトされたリビングダイニングキッチン。
椅子や収納、階段の木の存在感が、家庭で過ごす空間に素朴で暖かみを与えています。
さらに屋根裏部屋を設置することで、生活有効スペースを最大限まで活用しています。
間口の狭い条件でも、実際の坪数以上の広さを感じさせるワンルーム設計。
デザインにも在分にこだわり、ベランダを望む側に開口部を広く確保し、部屋の高い部分に小窓を設け自然光を十分に取り入れ、やさしい色調の中にもシャープなセンスで仕上げています。
1FROOR=1ROOM5
勾配天井に窓を設け、心地よい採光と通風を行い、ロフトスペースに広々と快適な趣味の空調を展開。
床部分と収納に同じ素材のウッドを使い、デザイン性を高めると共に、座って良し、寝転がって良しというぬくもりのある空間に仕上げている。
キメ細かいサービスが自慢です