トップ > SE構法(工法)
SE構法(工法),ARS工法のムラセ murase,ムラセ,野田市,SE構法,SE工法,ARS工法,耐震,リフォームぷらざ,工務店,2×4工法,ツーバイフォー,在来軸組工法,木造3階建て,ホルムアルデヒド,シックハウス

SE構法(工法)とは・・・

SE構法(工法)
SE構法(工法)とは・・・
SE構法(工法)は、木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造です。
今までの在来木造では不可能だった、大空間や大開口を実現します。
またその優れた強度は、木造三階建住宅も安心して建てることができます。

構造部材として強靭な集成材を使用

集成材
コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)を木骨として採用。このエンジニアリングウッドは、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現。しかも安定した品質が構造計算を可能にし、大規模構造建築物をも可能にします。
木骨ラーメン構造
SE構法(工法)は、木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造です。
今までの在来木造では不可能だった、大空間や大開口を実現します。またその優れた強度は、木造三階建住宅も安心して建てることができます。

高い耐久性を持つ独自のSE金物を使用

SE金物
SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出すと共に、他の金物では実現できない強度を確保。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。
SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出す
SE構法(工法)を支えるSE金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本体は、数々の工法接合強度実験をクリアした素材により構成されるため、1階部の大開口の確保やビルトインガレージの設置といった高い強度と安全性を約束できるのです。

立体解析による構造計算

構造計算
独自開発CADと連動した立体応力解析で安全性を点検。さらに台風、地震、積雪などの自然災害についての安全シュミレーションも行い、その確かな強度ゆえに、構造本体に対し国内初の20年間の住宅性能保証制度を実施しました。
独自のCADソフトを開発
SE構法(工法)は、木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施しています。独自のCADソフトを開発し、CADと連動した立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、コンピュータ上で、台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。これにより構造上の木造住宅では実現できなかった大空間を可能にしたのです。
大空間から始まる新しい住宅提供 構造の強さが実現した大空間設計 限られた土地の都市型テーマに対応 SE構法(工法)
キメ細かいサービスが自慢です